【ノード接続】インタフェースのネゴシエーションについて

10/100/1000BASEインタフェースのネゴシエーションは「オートネゴシエーション」を原則とします。
回線終端装置等の制約によって他のネゴシエーション設定が必要となる場合、
申請時もしくは回線の物理接続作業時に申し出てください。
また、メタルインタフェースでの接続の場合、一般にクロスケーブルは必要ではありませんが、あらゆる回線終端装置等との接続性を保証するものではありませんので、ご注意下さい。

10GBASE以上の速度のインタフェースについては、規格上オートネゴシエーションは存在しませんので、固定のみとなります。