【概要】サービス管理者の定義とその役割について

SINETでは加入機関側の担当者として以下のサービス管理者を定義しています。
SINETの各種サービスの利用にあたっては、これらサービス管理者の指定・登録が必要です。

  1. LAN管理責任者
    加入機関のネットワークの運営、対外接続に関する責任を持つ方
    (情報基盤センター、総務部門、図書館部門等の長、あるいは機関の長など)
    加入機関ごとに1名のみ登録可能
  2. 利用サービス管理者
    個々の利用サービス(論理接続)ごとの管理責任者
    (国立情報学研究所学術情報ネットワーク加入細則 第2条四号)
    利用サービス(論理接続)ごとに1名のみ登録可能
    利用サービスごとに異なる担当者を登録可能(同一でも可)
  3. グループ代表者
    VPN利用グループ(研究・教育等を目的としてL3/L2VPNサービスを利用する、複数の加入機関にまたがる利用者の集まり)
    の全体を代表する方(研究・教育等のグループ取りまとめ役)
    (VPNサービス利用ガイドライン2.(1))

上記のうち、LAN管理責任者および利用サービス管理者については、それぞれID
(管理者ID、利用サービスID)を発行します。

IP Dual接続はSINET接続の基本となるサービスであるため、ガイドラインの規定により、
LAN管理責任者と同一の方を利用サービス管理者として登録いただく必要があります。
研究プロジェクト等にかかるVPN接続については、利用する研究室の代表者等を登録いただきます。
たとえば、研究室AでL2VPN接続L2-A1およびL2-A2を、研究室BでL2VPN接続L2-Bを利用する場合、
研究室Aの代表者等をL2-A1およびL2-A2の利用サービス管理者として、
研究室Bの代表者等をL2-Bの利用サービス管理者として、それぞれ登録します。
キャンパス間通信のためのL2VPNなどインフラ的性格を持つVPN接続の利用サービス管理者として、
LAN管理責任者と同一の方を登録することも可能です。

詳しくは、「利用の手続き」の
「SINETサービス利用の基本的な考え方(概要図)」
「SINETネットワークサービスガイドライン」
を参照下さい。