【利用サービス管理者】利用サービスIDについて

加入機関の利用する接続(論理接続)ごとに、利用サービス管理者を登録いただき、利用サービスIDが割り当てられます。

  • SINETへの接続申請書の「利用サービス管理者」欄に記載いただいた方を登録し、IDを発行します。
  • SINETへの接続申請等各種申請において、申請の正当性の確認に使用されます。
  • 接続申請等の多くはLAN管理責任者(もしくはその事務担当者)経由でのみ提出が可能です。
    利用サービス管理者が申請様式の記載項目の大半を記載した上でLAN管理責任者に回送し、
    LAN管理責任者はその内容を確認し、問題がなければ、申請者(LAN管理責任者)欄を記載し、SINETへ提出します。
  • SINET側での接続情報・各種登録情報の管理に使用されます。実際のネットワーク接続設定には使用されません。
  • 利用サービス管理者の交代の際には変更の手続きが必要です。
    特定の接続に対する利用サービス管理者のみを変更する場合と、担当全体を引き継ぐ場合とで、手続きが異なります。