【加入解除手続き】加入解除にともなう利用サービスへの影響について

SINETの加入を解除することにより、各種解除手続きが自動的に行われ、利用されていたサービスに影響が出ることがあります。

  • SINETへのすべての接続サービスが接続解除となります。
    これには、IP Dual接続、L3/L2VPN/VPLS接続、クラウド接続、および、QoS等それらへのオプションサービスが含まれます。
    クラウド接続サービスをご利用であった場合、当該クラウドサービス提供事業者との契約は自動的に解除となりませんので、
    注意してください。必要に応じ、個別に契約解除の手続きを行ってください。
  • 分散セカンダリDNSサービスの提供を終了し、設定を解除します。機関側で適切な設定変更を行ってください。
  • SINETからIPアドレスブロックを割り当てていた場合(PAアドレス)、割り当ては解除となり、当該アドレスブロックは回収されます。
    他の商用ISP等で当該IPアドレスブロックを利用することはできません。
    JPNIC/APNIC等から直接IPアドレスの割り当てを受けている場合(PIアドレス)、その割り当ては解除にならず、
    技術的には他の商用ISPで利用を継続することができます。(実際に利用が可能かどうかは当該事業者へご確認ください)
  • SINETがドメイン名管理指定事業者として機関のドメイン名をお預かりしていた場合、加入解除に伴い、お預かりすることが
    できなくなりますので、引き続き当該ドメイン名の利用を希望される場合、他のドメイン名管理指定事業者への移管手続きを行ってください。
    お預かりしているドメイン名には維持料の負担が発生していますので、移管手続きを怠ったまま長期間放置された場合、
    ドメイン名管理指定事業者に与えられた権限により、当該ドメイン名の登録の強制的抹消を行う場合があります。
  • 時刻情報提供サービス(NTP)やpingチェックサイトなど、申請を必要としないサービスについては、明示的な
    解除手続きは発生しませんが、加入解除後のご利用はご遠慮ください。
  • 国立情報学研究所が提供している目録システム(NACSIS-CAT)や情報検索サービス(NACSIS-IR)など、
    SINET接続を条件としないサービスについては、SINETの加入解除後も引き続き利用が可能です。
    しかし、国立情報学研究所提供のサービスに限らず、特定のIPアドレスからのアクセスのみを許可する方式で
    提供されているサービスについて、SINET接続で利用していたIPアドレスブロックが回収されたことにより、
    結果的に利用ができなくなる場合が考えられますので、注意してください。
    そのようなサービスに対しては、アクセスを許可するIPアドレスの登録を変更する等の手続きが必要となることがあります。