「時代を映すインフラ -電話から学術情報ネットワークSINET-」(市民講座)

SINETに関する市民講座が、11/16(木)に、学術総合センター(東京都千代田区)で開催されます。

日付:11月16日(木)18:30-19:45 (18:00受付開始)
会場:学術総合センター2階(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)

国立情報学研究所 市民講座 第5回
「時代を映すインフラ -電話から学術情報ネットワークSINET-」
講師:栗本 崇 准教授

概要:
「ノーベル賞をとるならネットらしい。。」
現在、情報通信技術はいたるところで利用されています。身近な使われ方として電話があげられますが、どのようにして離れた相手と会話ができるのでしょうか?電話をつなげるためには、例えば車で移動するための道路のように通信インフラを隅々まで張りめぐらす必要があります。この通信インフラは時代とともに発展し、今や携帯電話で手軽に好きな時に好きな動画まで見ることができるようになりました。
本講座では、電話からインターネット、さらにはノーベル賞を支える学術情報ネットワークまで、時代とともに変化を遂げてきた通情報通信技術および通信インフラの紹介を行います。

参加ご希望の方は、次のURLよりお申し込みください。※入場無料
http://www.nii.ac.jp/event/shimin/#5th