RPKI登録について

BGPを使用しSINETへ接続する機関各位

日頃は、学術情報ネットワークの運用にご協力頂き有り難うございます。

SINETではRPKIバリデーションは行っておりませんが、昨今、商用ISPやトランジットネットワークにおいて、RPKIバリデーションが活発に開始されております。
RPKIバリデーションの結果がInvalidとなった場合、当該経路を廃棄するネットワークもございます。
当該機関については通信障害が発生する可能性が御座いますので、RPKIをご利用中になられている加入機関においては、登録内容が齟齬が発生しないよう適切な登録対応をお願い申し上げます。

なお、BGPを利用していない加入機関・RPKI登録をしていない加入機関への影響は御座いません。

IPアドレスの返却・移転について

昨今のIPv4アドレス枯渇に伴い、IPアドレスの返却・移転が活発に行われるようになっております。
IPアドレスの返却・移転を行われた際は、必ず、SINET5利用申請書をご提出頂き、SINETのルーティングから当該アドレスを消去する処理を行って頂けますよう、お願い申し上げます。

本件に関するお問い合わせ: 学術基盤課 SINETチーム
https://www.sinet.ad.jp/contacts#sinetteam

プライベートIPアドレスを発信元とする通信のフィルタリングについて

平素から、学術情報ネットワークの運営にご協力とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

2017年5月22日にニュース掲載を実施し、周知を実施しておりました
プライベートIPアドレスを発信元とする通信について、
SINET側でフィルタ設定を実施いたしました。

 ○プライベートIPアドレスを発信元とする通信について
  (https://www.sinet.ad.jp/news/2017-05-22attention)

SINET側でもフィルタを実施しておりますが、引き続き各加入機関におかれましても、
自組織に割り当てられたグローバルIPアドレス以外が送信元とならないよう、
適切なフィルタ設定を行って頂けますよう、お願いいたします。

本件に関するお問い合わせ: 学術基盤課 SINET利用推進室

2020/02/03追記:
本フィルタ設定については、「IPv4/IPv6 Dual サービス」のみが対象となります。
L3VPN/L2VPN/VPLS/仮想大学LAN/L2オンデマンド/クラウド接続サービスへの影響は御座いません。

プライベートIPアドレスを発信元とする通信について

平素から、学術情報ネットワークの運営にご協力とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

プライベートIPアドレスを発信元とする通信が行われているとの連絡が寄せられております。
各加入機関におかれましては、自組織に割り当てられたグローバルIPアドレス以外が送信元とならないよう、適切なフィルタ設定を行って頂けますよう、お願いいたします。

本件に関するお問い合わせ: 学術基盤課 SINET利用推進室