L2オンデマンド

事前に登録した2地点の間で、任意の時間に専用回線と同等の品質保証パスを確立するサービスです。

SINET上のレイヤ2 VPN(L2VPN/VPLS)を介して通信を行いたい地点(2箇所以上)を事前にSINETへ登録申請を行っていただきます。
登録完了後、L2オンデマンドサーバにアクセスを行い、通信を行いたい地点を選択しL2VPN/VPLSの予約を行います。
予約時刻にL2VPN/VPLSが設定され地点間の通信が可能となります。

概要・特長

  • 全体方式
    • 利用者は、接続対地の候補、VLAN-ID、開始・終了時刻、QoS、帯域等をL2オンデマンドサーバにて指定し、L2VPN/VPLSの予約を行います。
    • L2オンデマンドサーバは、指定時刻にSINETルータに対してL2VPN/VPLSの設定・開放を行います。
  • L2VPN(Point to Point接続)サービス
    • 2地点間の接続を行います。
    • 経路
      指定できます。始点と終点間の経由ルータを複数選択することで自由に経路を指定できます。
      経路を指定しない場合は最短経路を通ります。
    • QoS制御
      基本はBE(Best Effort)低廃棄とBE(Best Effort)高廃棄のいずれかをご利用いただきます。
      上記以外にも転送クラス(AFクラス)による優先的なQoS制御指定が可能です。このとき合わせて帯域指定を行っていただきます。
      他の利用者の帯域予約がすでに入っている場合には、ご要求の帯域が予約できない場合があります。
  • VPLS(Multi-Point to Multi-Point接続)サービス
    • 多点間(2地点以上)の接続に利用できます。
    • 経路
      指定できません。パケットは最短経路で転送されます。
    • QoS制御
      BE(Best Effort)低廃棄とBE(Best Effort)高廃棄のいずれかをご利用いただきます。
    • その他
      設定済みのVPLSに対する対地の追加・削除が可能です。

活用例

  • L2VPN/VPLS(固定VPN)と仮想大学LAN(複数拠点間を多数のVLANで接続)の中間的な利用:複数の対地と10VLANレンジ程度を事前に登録しておき、必要に応じて長期的なVPNを追加、など
  • アクセス回線のQoS制御:アクセス回線で帯域が充分でない場合、優先させたいVPNにQoSを設定、など
  • 経路指定と実験での活用:2地点間の接続時に異経路のVPNを設定し安定性を高める、各種実験に活用、など

利用の準備

後述の注意事項・備考も必ずお読みください。「グループ代表者」等の用語についてはVPNをご参照ください。

  • 全てのグループメンバにおいて、所属する加入機関がSINETへ加入・物理的接続していること(1)の確認
    1)予定含む
  • グループ内での調整・合意
  • グループ代表者 1名の選定
  • グループメンバごとに、利用サービス管理者 1名の確認
  • LAN管理責任者の許可
    グループメンバごとに、所属する加入機関のLAN管理責任者の許可が予め必要です。
  • 各種資料 > 規程・ガイドライン にて「SINETネットワークサービスガイドライン」をご確認ください。
    1. ネットワークサービス共通ガイドライン
    2. レイヤ2オンデマンドサービス利用ガイドライン

利用申請の流れ

次の2段階の申請手続きとなります。

  1. グループ代表者による、L2オンデマンドサーバ登録申請
  2. 各メンバのLAN管理責任者による、利用申請(L2オンデマンド)

L2オンデマンドサーバ登録申請

調整・合意

グループメンバ・グループ代表者
  • 利用サービスガイドライン記載の各項目の決定
  • 利用開始日の目安もここで決定します。

L2オンデマンドサーバ登録申請

グループ代表者 → NII

L2オンデマンドサーバ登録承認

グループ代表者 ← NII
  • グループ代表者にL2オンデマンドサーバ登録承認書をお送りします。
  • 「申請用ID」を発行します。
  • グループ代表者は各メンバに申請用IDをお伝えください。
  • 各メンバは所属する機関のLAN管理責任者に申請用IDをお伝えください。

利用申請(L2オンデマンド)

サービス利用申請(各メンバごと)

各LAN管理責任者 → NII

サービス利用承認

各LAN管理責任者 ← NII
  • 各LAN管理責任者に利用承認をお送りします。
    加入機関側での接続に必要な情報を記載しています。
  • 利用サービスID未取得の場合は、利用サービスIDを発行します。
  • 各LAN管理責任者は、サービス利用管理者に利用サービスIDをお伝えください。

設定作業

各LAN管理責任者・NII
  • 利用開始日に合わせて、加入機関側・SINET側で設定作業を行います。
  • SINET側の作業は、平日9:00-18:00となります。
  • 加入機関側においても、事前にLAN設定を実施ください。

L2VPN/VPLS利用開始

L2オンデマンドサーバ情報提供

グループ代表者 ← NII
  • グループ代表者に「L2オンデマンドID」を発行します。
  • グループ代表者は必要に応じて、各メンバにL2オンデマンドIDをお伝えください。

L2VPN/VPLS予約

グループメンバ・グループ代表者
  • L2オンデマンドサーバ登録申請及び利用申請(L2オンデマンド)後、
    WebからL2VPN/VPLS予約が可能になります。
    予約時点でリソースを確認し、リソースがある場合に予約可能です。

変更申請

グループ構成の変更等の場合、L2オンデマンドサーバ登録申請書をご提出ください。
既存接続拠点の接続変更の場合、SINET5利用申請書(L2オンデマンド,変更)をご提出ください。

注意事項・備考

  • ブロードキャストストームなど、1拠点の障害が全体に波及しますのでご注意ください。
  • TCP/IP以外のプロトコルも可能ですが、現在のところスパニングツリープロトコル(STP)は利用できません。

お問合せ

申請窓口

学術基盤課 SINETチーム
email: apply@sinet.ad.jp

ご相談

学術基盤課 SINET利用推進室
email: support@sinet.ad.jp