沿革

凡例: 国内関係 国際関係
1987年(昭和62年) 1月 学術情報ネットワークパケット交換網の運用開始
1989年(平成元年) 1月 米国(米科学財団: NSF)との接続
1990年(平成 2年) 2月 英国(英国図書館: BL)との接続
1990年(平成 2年) 4月 国際電子メール(CSNET, BITNET)の運用開始
1990年(平成 2年)10月 アクセスポイントサービス運用開始
1991年(平成 3年) 2月 英国の研究ネットワークとの接続
1991年(平成 3年) 3月 学術情報ネットワークパケット交換網の整備完了
1992年(平成 4年) 4月 インターネット・バックボーン(SINET)の運用開始
1994年(平成 6年) 9月 ATM交換機の運用開始
1994年(平成 6年)12月 インターネット・バックボーン(SINET)の整備完了
1995年(平成 7年) 3月 新ATM交換機導入
1995年(平成 7年) 9月 タイ王国との専用回線による接続
1996年(平成 8年)10月 広域ATM交換網の運用開始
1998年(平成10年) 9月 インターネット相互接続運用開始
1999年(平成11年)10月 N-1ネットワークの運用停止
2002年(平成14年) 1月 スーパーSINET運用開始
2002年(平成14年) 3月 パケット交換網の運用停止
2002年(平成14年) 9月 IPv6サービス開始
2002年(平成14年) 9月 ATM交換機の運用停止
2005年(平成17年)11月 広域LAN接続サービス開始/Bフレッツ接続サービス開始
2006年(平成18年) 1月 シンガポール、香港との専用回線を運用開始
2006年(平成18年) 3月 タイ王国との専用回線を廃止
2007年(平成19年) 4月 SINET3運用開始
2011年(平成23年) 4月 SINET4運用開始
2016年(平成28年) 3月 欧州との専用回線を運用開始
2016年(平成28年) 4月 SINET5運用開始