VPN概要

VPNはネットワーク上に仮想組織を形成するためのセキュアな通信環境を提供します。
一般に複数の加入機関のグループで利用します。

VPNは研究・教育等の目的を同じくするグループによる、ネットワーク上に仮想組織(VO: Virtual Organization)の形成を支援するサービスです。
閉域性を確保したセキュアな通信環境をL3/L2レベルで提供します。

活用事例集

概要

  • 一般に複数の加入機関の研究室等をまたがって構成されるため、利用までには多くの関係者が関わります。
  • グループ代表者の設定が必要です。
  • 各サービスの概要・利用申請の流れについては、L3VPN および L2VPN/VPLSのページをご参照ください。
  • 各種資料 > 規程・ガイドライン にて「SINETネットワークサービスガイドライン」をご確認ください。
    1. ネットワークサービス共通ガイドライン
    2. VPNサービス利用ガイドライン

用語について

  • VPN利用グループ (グループ)
    当該VPNを利用する、複数の加入機関にまたがる利用者の集まりです。
  • グループメンバ
    グループに参加する各拠点を指します。1名ずつの利用サービス管理者が必要です。
  • VPN利用グループ代表者 (グループ代表者)
    利用手続きを行うにあたり、グループを代表する者を指します。
    グループメンバのうち、いずれかの利用サービス管理者が兼務します。
    グループに1名必要です。

利用の準備

  • VPNサービスについてグループ内での調整・合意
  • グループ代表者の設定
  • LAN管理責任者の許可
    グループメンバごとに、所属する加入機関のLAN管理責任者の許可が必要です。
    (「利用申請」は各グループメンバのLAN管理責任者が提出することになります。)

利用申請の流れ

L3VPN および L2VPN/VPLS のページをご参照ください。

ご相談・お問合せ

学術基盤課 SINET利用推進室
email: support@sinet.ad.jp