物理的接続形態 (アクセス環境)

SINETを利用する際の接続形態についてご案内しています。

※接続に先立ち、SINETへの加入が必要です。 新規加入をご参照ください。
SINETを利用する際の接続形態には、次の種類があります。

  1. 主たる接続形態
    • 接続拠点(ノード)に専用回線等で接続する
  2. その他の接続形態
    • 広域LAN接続サービス経由で接続する
    • 既存接続機関経由で接続する
    • 地域学術研究ネットワーク等経由で接続する

ノード接続

SINETへの主たる接続方法であり、最新の学術情報ネットワークの提供するサービスの利点を十分に享受することができます。

詳細は、「ノードに専用回線等で接続する」のページをご参照ください。

広域LAN接続

SINETへの接続を経済的に行いたい機関のための接続方法です。
利用可能帯域(非公開)が限られているため最新の学術情報ネットワークの利点を十分には活用できませんが、国内外の学術研究ネットワーク接続機関との間で商用インターネットを介さない通信が可能です。
L3/L2VPNも利用できます。

詳細は、「広域LAN接続サービス(UNO)経由で接続する」のページをご参照ください。

既存接続機関経由の接続

SINETに既に接続している他の加入機関に向けて専用回線等を敷設し、間接的にSINETに接続する方法です。当該加入機関のSINET接続に相乗りする形の利用となります。
この方法による接続には、当該既接続機関の同意を得る必要があるため、必ずしも可能とは限りません。
また国立情報学研究所およびSINETはそのような接続の調整・仲介は行っておりません。

詳細は、「既存接続機関経由で接続する」のページをご参照ください。

地域学術研究ネットワーク等経由の接続

各地域の主要国立大学等が運営する地域学術研究ネットワークに参加し、間接的にSINETに接続する方法です。 地域学術研究ネットワークの提供する物理接続を経由しての接続となります。
これら地域ネットワークの多くは、物理的ネットワークの運用および接続性の提供を終了しており、現在ではコミュニティ・ネットワークとしてのみ存続しているため、物理的な接続方法の選択肢としては限られたものとなっています。

詳細は、各地域学術研究ネットワークまでお問合せください。

また、自治体の運営する「情報ハイウェイ」や、地域機関の運営する「地域IX(インターネット・エクスチェンジ)」等を利用して間接的にSINETに接続する方法が選択できる場合があります。

学術基盤課 SINET利用推進室
email: support@sinet.ad.jp

までお問合せください。