仮想大学LAN

SINET上で大学LANを自由に拡張してクラウド接続を含むマルチキャンパスを実現するサービスです。

仮想大学LANは、SINET上で大学LANを自由に拡張できるサービスです。 クラウドを含むマルチキャンパスを実現できます。
複数の拠点を持つ単一の加入機関に特化したサービスです。

加入機関側では使用するVLAN IDの範囲を指定し、SINET側ではそれを自動的に認識して拠点間の通信を行います。
これによりL2VPNサービスに比べ、加入機関による柔軟な運用が可能です。

VLAN ID

利用するVLAN IDの範囲を予め指定することにより、VLAN IDの追加ごとの変更申請が不要となり、加入機関による柔軟な運用が可能となります。

加入機関側

  • 当サービスで利用するVLAN-IDの範囲の指定
    2-4094の中で、100個分を上限として指定してください。
    例) 2000-2099
  • IPv4/IPv6 DualサービスL3/L2VPNサービスと併用する場合、それらで使用するVLAN IDが指定範囲に含まれないようにご注意ください。

SINET側

  • ノードのSINET機器により指定された範囲のVLAN IDを自動的に認識し、拠点間の通信を行います。

利用の準備

後述の注意事項・備考も必ずお読みください。

  • サービスの利用に先立ち、SINETへの加入と物理的接続が必要です。新規加入をご参照ください。
  • 物理的接続としてノード接続を想定しています。
    ※物理的接続と当サービス利用を同時に開始することもできます。
  • 各種資料 > 規程・ガイドライン にて「SINETネットワークサービスガイドライン」をご確認ください。
    1. ネットワークサービス共通ガイドライン
    2. 仮想大学LANサービス利用ガイドライン

利用申請の流れ

    • 以下は物理的接続が完了している場合の流れです。

利用申請

加入機関 → NII

SINET5利用申請書(仮想大学LANサービス)を参照のうえ申請窓口apply@sinet.ad.jpまでお送りください。

受付処理

NII

利用承認

加入機関 ← NII
  • 利用承認書をお送りします。
    加入機関側での接続に必要な情報を記載しています。
  • 利用サービスID未取得の場合は、利用サービスIDを発行します。

注意事項・備考

VLAN ID

  • キャンパス間通信で使用するVLAN IDは申請時に指定した範囲内に収め、できる限り変更申請が不要となるよう工夫してください。
  • 予めネットワークを適切に設計するか、もしくはSINETとの接続点においてタグ変換を行うなど、VLAN IDが指定した範囲に収まるように運用してください。
  • L2VPNサービスと異なり、本サービスではVLAN IDは全拠点で一致している必要があります。
    ネットワーク設計の際に留意してください。
    (前項のようにSINETへの接続点で加入機関機器側でタグ変換を行うことで、拠点ごとのVLAN IDの差異を吸収できます。)

インタフェースの設定について

  • 最大MTU値は「9140」とします。
  • 物理インタフェースのリンクアグリゲーション上で、本サービスを利用する場合、「スタティック」または「LACP」が可能です。

構成上の注意

  • 複数の大学キャンパスを接続し仮想大学LANを構成する場合、 SINET上では複数ルータ上に設定したバーチャルスイッチをスター状に構成します。このため、SINETを経由しないキャンパス間の接続経路がある場合はブロードキャストストームを引き起こす恐れがあります。設計時に十分ご注意ください。
    加入機関側のスイッチ等でブロードキャストストーム抑止機能(発動まで数msなど)の実装を推奨します。

その他

  • インターネット等L3接続を行う場合は、L3接続を行うメインキャンパスを加入機関内で決定してください。
    メインキャンパスにてルーティングを行い、セキュリティ機器を通過したのちにSINETへのL3接続を行ってください。

お問合せ・申請窓口

学術基盤課 SINETチーム
apply@sinet.ad.jp