2020年度SINET広域データ収集基盤 実証実験 公募

SINET広域データ収集基盤とは

国立情報学研究所(NII)は、日本全国の大学等の学術情報基盤として、学術情報ネットワーク(SINET)を運用しています。さらに幅広い研究活動をサポートするため、SINETへの新たなアクセス環境として、モバイル網をSINETの足回りとして活用する広域的なデータ収集基盤の構築を構築し、2018-2019年度に実証実験を実施いたしました。
引き続き、性能評価から得られた知見や運用上の改善点を取り入れるとともに、研究分野と利用者数の拡大を目的として、次期実証実験を2020年度から実施いたします。募集要項をご参照のうえ、ふるってご応募くださいますよう、お願いいたします。

募集要項・提案書等 様式

募集要項
参加提案書(様式1)

応募資格

実証実験の提案代表者がSINET加入機関に所属していること(詳細は募集要項を参照)

実証実験期間

2020年4月1日(水)~2022年3月31日(木)

提案書の提出期限

現在、公募および審査は随時受付を行っております。
(なお、今後の公募状況により、予告なく公募を締め切る場合があります)
提案については下記宛先まで随時お問い合わせ下さい。

提案書提出先・お問い合わせ先

国立情報学研究所 学術基盤課 広域データ収集基盤担当
E-mail: wadci@sinet.ad.jp